垂れた胸 治し方

垂れた胸の正しい治し方は?

女性の胸元

垂れた胸の正しい治し方の3つの方法

垂れた胸の正しい治し方には3つあります。

 

まず大胸筋を鍛えることです。

 

胸は脂肪の下に筋肉があることで、上向きの状態を保つことができます。

 

垂れた胸の場合、大胸筋が衰えている可能性があるため、1日3セットを目安に簡単なトレーニングを実践します。

 

やり方は壁を目の前にして立ち、片方の手のひらを壁に付けます。

 

そして体を壁に向かってゆっくり倒し、元の体制に戻ります。

 

これを5回繰り返して、壁に付ける手のひらを反対にして同じように行うだけです。

 

また姿勢をまっすぐにすることも効果的です。

 

姿勢が悪いと全身の筋肉に余計な負荷がかかります。

 

筋肉が固まって血行が悪くなれば、胸に栄養が届かないのでハリのない形に代わってしまいます。

 

猫背の人は胸が大きくなりにくいだけでなく、綺麗な形を維持できないので、胸を張ることを意識します。

 

立っている時は正しい姿勢をキープできても、座ると背中が曲がってしまう人もいます。

 

正しい座り方が分からない時は、耳の穴と肩の中央、ももの付け根が一直線になっているかを確認すると良いです。

 

自分に合った下着を着用する

3つ目の方法は自分に合った下着をつけることです。

 

下着のサイズが間違っていると、胸全体を支えることができません。

 

下着は専門店で購入するようにして、必ず店員に採寸してもらいます。

 

面倒だからとデザインだけを適当に選ぶ人も多いですが、ワイヤーが食い込んだり中央部分が浮いたりするのを防ぐには自分の体型を知ることと専門的な知識が必要です。

 

特に下着を外した方が楽だと感じる人は、サイズが合っていないため垂れた胸を作っています。

 

自分に適した下着を購入し、胸が上を向くように肩紐を調整すれば、下着が自然と補正してくれて形が改善します。

 

サプリを利用する

サプリを利用するのも一つの手です。女性ホルモンを補給できるため胸に張りが出るため、胸が垂れるのを防いでくれます。

 

バストアップサプリならプエラリアミリフィカ効果で自然に女性ホルモンを補給できます。